読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

CentOS 5.7 に Python 2.6 を入れて pip で MoinMoin をインストール

ダイアリー版をコピーしてみるテスト。

CentOS5 の Python 2.4 + mod_wsgi で moin を運用してたものを 2.6 で動かすようにする手順をメモ。

まず yum の追加リポジトリ RPMForge と EPEL5.x を有効にする。事前に yum-priorities を入れておくといいかも。

# wget http://download.fedora.redhat.com/pub/epel/5/i386/epel-release-5-4.noarch.rpm
# rpm -ivh epel-release-5-4.noarch.rpm

Installing RPMforge for CentOS 5 に倣う。

# rpm --import http://apt.sw.be/RPM-GPG-KEY.dag.txt
# wget http://packages.sw.be/rpmforge-release/rpmforge-release-0.5.2-2.el5.rf.x86_64.rpm
# rpm -K rpmforge-release-0.5.2-2.el5.rf.x86_64.rpm
# rpm -ivh rpmforge-release-0.5.2-2.el5.rf.x86_64.rpm

これで python26-* パッケージが見えるのでいろいろインストール。「moinのparserにpygmentsを用い」たいので Pygments も。

# yum install python26 python26-devel python26-mod_wsgi python26-pygments

このくらいすると依存関係で python26-distribute が入ると思うので easy_install-2.6 が使えるようになってるはず(てきとう)。 easy_install-2.6 で pip を入れてから、その pip で moin を入れる。

# which easy_install-2.6
/usr/bin/easy_install-2.6
# rpm -q --whatprovides /usr/bin/easy_install-2.6
python26-distribute-0.6.10-4.el5
# easy_install-2.6 pip
# pip-2.6 install moin

これで基本的にはそのまま動くはず。

あと 2.4 用の mod_wsgi を yum で入れてる方は、OFFるなりアンインストールするなりしたほうがいいかも。参考までに python26-mod_wsgi のファイルリストは以下。

# rpm -ql python26-mod_wsgi
/etc/httpd/conf.d/python26-mod_wsgi.conf
/usr/lib64/httpd/modules/python26-mod_wsgi.so
/usr/share/doc/python26-mod_wsgi-3.3
/usr/share/doc/python26-mod_wsgi-3.3/LICENCE
/usr/share/doc/python26-mod_wsgi-3.3/README

もしかすると yum がよろしくやってくれるのかもしれない(もともと自前ビルドを使ってたので未テスト)。